次世代のED治療薬アバナ

第4世代のED治療薬

次世代のED治療薬アバナ

海外ではジェネリック品が誕生している

日本ではバイアグラをはじめとしたレビトラ・シアリスが一般的ですし、世界的に見てもこの3つのED治療薬が有名で俗に三大ED治療薬なんて呼ばれ方もしています。

しかし、医療の世界というのは日々進化をしているわけで、新しい薬が続々と誕生しています。

ED治療薬も同じことが言えるわけです。

バイアグラ・レビトラ・シアリスに続いて次世代のED治療薬として今話題のステンドラ(アバナ)というのが世界中で販売されています。

日本は薬の認可がおりるのに非常に時間がかかるためステンドラは日本では承認されていないため販売されていませんが、このステンドラは世界中で利用されていて今後日本でも処方されるかもしれませんので紹介していきます。

そもそもステンドラの主成分であるアバナフィルという薬は日本の田辺三菱製薬会社が開発を進めていました。

そこからアメリカのVIVUS(ヴィヴス)社に日本での販売権と一部のアジアの販売権以外の全てを譲渡されました。

そこでアメリカで正式にED治療薬として認められてアメリカはもちろんお隣の韓国を初めとしたアジア圏やヨーロッパ圏などでも販売されています。

このステンドラの特徴としてはこれまでに発売されたED治療薬の特徴を兼ね備えていると言っていいでしょう。

レビトラのように最短15分から効果を発揮する即効性とシアリスのように食事の影響を受けづらく副作用が少ないとされている点とバイアグラと同じ薬の効果作用時間でもある5時間ほど効果が持続します。

それぞれの特徴を兼ね備えているED治療薬です。

非常に使い勝手がいいED治療薬として評価も高いのです。

ステンドラの主成分はアバナフィルという成分であり、【50mg錠・100mg錠・200mg錠】の三つの規格から販売されています。

これまでに発売されたバイアグラ・レビトラ・シアリスとは違った表記になりますので気をつけてください。

日本では安全面を重視したり、これまでに販売されている似たような医薬品はあるかどうかで認可のスピードというのは変わってきます。

これまでにない画期的な薬であれば認可も早いですが、もうすでにある程度商品で出ているとなると認可のスピードは遅い傾向にあります。

ステンドラが日本で認可されるのがいつになるか分かりませんし、認可されるのかも分かりません。

しかし、ステンドラ自体は非常に使い勝手がいい薬であり、アジア圏でも多く使われているから問題はありません。

最新のED治療薬であるステンドラを試したいと思ったら医薬品個人輸入代行サイトを利用するしか簡単に手に入れる方法はないでしょう。

また日本では未承認であるステンドラですが、もうすでに海外ではジェネリック医薬品であるアバナが販売されています。

すでに医薬品個人輸入代行サイトを利用している人からしてみればアバナのほうが有名かもしれません。

試しに利用してみたいと思ったらジェネリック医薬品を購入したほうがお得です。

常に医薬品というのは進化をしています。日本は残念ながら先進医療国ではありません。むしろ先進国の中では遅れているほうといわざるを得ません。

新しい薬をいち早く試してみたいという人は医薬品個人輸入代行サイトを利用して手に入れてみましょう。
アバナを購入したい方はこちら↓↓

>>アバナを購入する<<