勃起不全になる原因とは

年齢のせいだけではない

勃起不全になる原因とは

原因を特定することが大事

自分も遂に勃起不全になってしまったのかと年齢を感じている人もいるかもしれませんが、実は一概に年齢のせいだけではありません。

確かに年齢によって性的欲求がわきづらくなったり、性的興奮をしづらくなるかもしれません。

しかし、年齢だけが原因でとは限らないからです。

というのも勃起不全の原因で第一の原因というのは他にあり、年齢は原因としては二番目だからです。

多くの人が年齢のせいと決め付けている人がいるのでここでまずは何が原因で勃起不全になってしまったのかを判断することが大事です。

また勃起不全というのは一度勃起不全になってしまったからといってもうED治療薬に頼らなければ勃起できないというわけではありません。

詳しくは『勃起不全を治す方法』をご覧になってください。

しかし、まず何よりもどういった経緯で勃起不全になるのかを特定することが大事ですので原因について理解しましょう。

まず最初に勃起不全になる原因で多いのが生活習慣病です。

生活習慣病というのは糖尿病・高血圧・脂質異常症などがあります。

暴飲暴食を繰り返してお酒を飲んだりタバコを吸ったりして夜更かしなどを繰り返すことで起こります。

ようは生活が乱れていることで起こりやすいのです。

今はこの生活習慣病にかかる人が非常に多いです。移動手段は車や電車でちょっと歩くだけでもエスカレーターで移動して、仕事は事務作業でほとんど動くことがないとなれば当然運動不足に陥ります。

さらに男性の場合はコンビニ飯だったり、ラーメン屋牛丼といったファストフードで好きなものだけを摂りがちですよね。

そうなれば脂質が溜まって体内環境がかなり悪くなるわけです。

そもそも勃起をするのは体内の血流を陰茎海綿体に集めることで勃起をする事が出来るのですが、血流が悪ければ当然十分に勃起が集まらなくなってしまいます。

生活習慣病の人はかなり血流が悪いです。

特に糖尿病患者のおよそ8割の人が自分が勃起不全だと言うことを自覚しているとさえ言われていますから無自覚の人を含めればさらに勃起不全の人は増えると思います。

勃起不全だと思ったらまずは生活習慣病を気にするようにしましょう。

次に多いのが年齢による性欲減衰などが当てはまります。

また若い人でも今は勃起不全患者が増えていると言われています。

その理由としては毎日が忙しくて心身ともに疲れきっている為です。

毎日朝から晩まで働いて、家には寝に帰ってきている状態で、将来への希望がないままストレスばかりが溜まってしまっている状態の人はかなり自律神経が乱れているといえるでしょう。

もう仕事のこと意外は考えられない状態で、家では少しでも寝て居たいという人が多いです。

性欲が沸かないほど疲れきってしまっていたり、自律神経が乱れて性欲が沸かずに勃起しないことが当たり前になってしまって勃起不全になってしまっている人は多いです。

まずは気持ちを落ち着かせて体力を回復してゆっくり過ごすということをしてください。

うつ病の人も勃起不全の人が多いと言われていますので気をつけましょう。

また若い人でそれこそ20代とかで勃起不全になってしまったという人は女性から「Hが下手で全然気持ちよくない」みたいな傷つくような一言を言われてしまったことがトラウマになってしまったりして性行為自体が苦手だったり、恐怖に感じてしまって勃起不全になってしまったという人もいます。

他には事故や手術の影響で下半身周りの神経を傷つけてしまったことが原因で勃起不全になってしまったという人もいます。

色々な原因が考えられますが、原因が分からなければ解決へとは進みません。

なぜ自分が勃起不全なのか、まず原因を把握しましょう。