最初のED治療薬バイアグラ

夢にまで見た薬

最初のED治療薬バイアグラ

多くのジェネリック医薬品が発売されている

日本のみならず世界中で知名度を誇るED治療薬がバイアグラです。

男性は当然のこと、女性も名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多いほど知名度があります。やはりそれだけインパクトがあり、需要があるからこそでしょう。

バイアグラは世界で初めて“医薬品”として認められたED治療薬です。

それまでは効果があるのかどうか確証がない商品が多く出回っていました。そんな中で臨床実験で確かな効果が得られた医者のお墨付きが貰った薬が発売されるということで発売から世界中で話題になりました。

そんなバイアグラは1998年にアメリカのファイザー社が開発されて販売されました。

あまりの人気に発売開始から瞬く間にアメリカだけではなくて世界中に広まって言ったのです。

日本でも異例のスピードの1999年には病院で処方されるようになりました。

その理由としてバイアグラ欲しさに個人輸入で購入したり自らアメリカに渡ってバイアグラを購入してくる人が続出したのですが、この時まだしっかりとした正しい服用方法や使い方が広まっていなかっために多くの人が過剰服用したり、間違った服用をした為に救急車で運ばれることが多発したのです。

これを受けて厚労省が異例のスピードで認可されて病院で処方されるようになったと言われています。

しかし、バイアグラは本来【25mg錠・50m錠・100mg錠】の3つの規格で販売されていますが日本では【25mg錠・50mg錠】の2つまでしか販売されていません。

なぜ100mg錠が販売されていないのかというと理由は色々と推測されていますが、やはりバイアグラは異例のスピードで認可をしました。間違った服用方法をさせない為にも医者からきちんと処方させる為にです。

とはいえ異例のスピードで認可をした為に100mg錠まで許可をしてしまって何か問題があっては困る為に【25m錠・50mg錠】の2つまでしか許可されなかったのではないかと言われています。

それでも日本人の体型であれば50mg錠でも十分効果を発揮しますし、100mg錠では副作用が強く出てしまう場合が多いので基本は50mg錠で問題ないと言われています。

バイアグラが出るまでは服用したら性的興奮が沸いてくる媚薬成分が入った商品など多く出回っていました。

そのためどうしてもバイアグラも“医薬品として認められた媚薬成分が配合された治療薬”というイメージが強く、未だにこのイメージを持っている人も多いです。

しかし、バイアグラをはじめとしたED治療薬は服用したら性的興奮が高まるような媚薬成分は一切入っていません。

血管を拡張させて血の流れを良くして陰茎海綿体に血液を集めて勃起しやすいようにしてくれて、さらに勃起を抑めようとするPDE-5を阻害させて勃起を長持ちさせてくれるものです。

まだバイアグラが正しく認識していなかったこともあり、大量に服用してしまう人が続出しましたが命の危険に関わるので絶対にしてはいけません。

まだED治療薬を服用したことがない人は必ず『ED治療薬の服用方法』をご覧になってください。

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは食事の影響を受けやすく空腹時(食後2時間以上、脂質の多い料理は5時間以上空けた状態)でなければ効果は発揮しません。

さらに服用してから大体早い人で40分から効き始めますが、大体1時間ぐらいから効果を発揮しますので性行為の1時間前以上から服用するのがベストです。

とはいえバイアグラの効果時間は最大5時間まで効果を発揮しますのでそこまで焦らなくても夜性行為をしようと思ったら夕食の2時間に服用してさえおけば問題ないでしょう。

バイアグラによってこれまで性行為が出来なくて悩んでいた男女は救われました。

男性はもちろんのことパートナーとなる女性も満足に性行為が出来ないことに悩みを抱えていたでしょうし、誰にも相談できなかったと思います。

また妊活中に男性が勃起不全になってしまうことも珍しくなく旦那の勃起不全によって子供を諦めたという夫婦もいるのです。

勃起不全の人からしてみればまさに「夢にまで見た薬」と言われるだけの価値があるわけです。

そんなバイアグラの有名な誕生秘話ですが、実は最初はED治療薬として開発が進んでいたわけではありません。

当初は狭心症の薬として開発がスタートしていたわけですが、なかなか開発が思うように進まず遂に上層部は開発の中止を決定しました。

狭心症の被験者たちに薬を返却してもらうように伝えると被験者の多くが薬の返却を渋ったのです。

そこで詳しく話を聞いてみると勃起不全が解消されたとか、中折れしなくなったとか、スムーズに勃起するようになったということが評判になりました。

多くの勃起不全が解消されたという話を聞いてだったらED治療薬として開発をしていこうとシフトチェンジしてバイアグラが誕生したのです。

つまりそのまま被験者たちが素直に返していたらバイアグラが誕生しなかったかもしれない、もしくはもっと世に出るのが遅かったのかもしれないのです。

バイアグラの1錠あたりの値段は大体1,600円~1,800円です。

ちょっと高いと思う人は日本でもジェネリック医薬品が多く販売されています。

多くの製薬会社が製造販売しており、小さくなって飲みやすくなったり、コーヒー味やレモン味などついていたり、今ではOD錠と呼ばれているフィルター型で水なしで口の中で溶けるお薬も開発されています。

ただし、日本で発売されているジェネリック医薬品もバイアグラと同様に50mg錠までしか販売されていません。

そのため100mg錠を試して見たいという人は医薬品個人輸入代行サイトを利用して海外のジェネリック医薬品を購入してみましょう。

例えば海外のバイアグラのジェネリック医薬品100mg錠を購入して普段は50mg錠で効果を発揮するという人は半分に割って服用すればさらに節約できます。

海外のジェネリック医薬品はまとめて購入出来ますし、割引も適用されてるので医薬品個人輸入代行サイトで購入するのがオススメです。

海外のバイアグラのジェネリック医薬品で有名なのがカマグラゴールドと呼ばれるものです。

カマグラゴールドを購入したい方はこちら↓↓

>>カマグラゴールドを購入する<<